「過去にも地震たくさん、データ異常なし」富士五湖震源相次ぎ気象庁

[PR]

 3日午前6時37分ごろ、山梨県東部・富士五湖を震源とする地震があり、同県大月市で最大震度5弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは19キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4・8。気象庁は揺れが強かった地域では1週間程度、同じ程度の地震に注意を呼びかけている。

 このほか相模原市神奈川県厚木市松田町で震度4、東京、群馬、埼玉、静岡の1都3県で震度3を観測した。

 同日午前2時18分と23分には、ほぼ同じ場所を震源とするM4・1(最大震度4)、M3・6(同3)の地震が発生した。気象庁の束田(つかだ)進也・地震津波監視課長は会見で「このあたりでフィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込んでおり、過去にも地震がたくさん起こっている」と説明した。今回の震源が富士山から数十キロと近いことについても「富士山の火山観測データに特段の異常はない」と話した。

 震度5弱の地震の影響で、JR中央線は高尾―甲府間では一時運転を見合わせた。最大60分の遅延が生じ、約2700人に影響した。