日本着の国際線予約、4日にも再開へ JAL、ANAなど

高木真也
[PR]

 国土交通省は3日、日本に到着する国際線の新規予約を止めるよう航空会社に要請し、その後撤回した問題で、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)などの予約の受け付けが4日に再開される見込みになったと発表した。

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大を受けた政府の水際対策強化の一環として、国交省は11月29日に新規予約を12月末まで停止するよう要請。航空各社が応じたものの、海外の滞在者らに混乱が生じたため、今月2日に要請を撤回した。国交省は、新規の予約で入国者数が増えることで、空港での検疫や入国した人たちの自宅待機の手続きなどに支障が出ないかを関係省庁と確認し、再開できると判断したという。

 政府は今月から1日あたりの入国者数の目安を5千人から3500人に引き下げており、この目安は維持する。予約の再開によって目安を上回らないように、路線や日にちごとに予約の停止を要請することはあるという。(高木真也)