金融所得課税の強化、「格差是正になるのか」 松井証券社長

有料会員記事

聞き手・稲垣千駿
[PR]

 岸田政権の発足以降、日本株がさえない。投資家に不人気な分配重視の姿勢から9~10月の大幅下落は「岸田ショック」と評され、持ち直した後も世界的なインフレ新型コロナウイルスの変異株が影を落とし、日経平均株価は3万円の大台に届かない。現状や先行きをどうみているのか。ネット専業の松井証券の和里田聡社長に聞いた。

 政権の発足直後、改革色があまり感じられない点や、金融所得への課税の強化といった主張が海外投資家には「資本市場にネガティブ」と映りました。

 ただ、その後、ある程度は現実路線でいくことが分かり、衆院選自民党が勝って市場が嫌がる不透明さも払拭(ふっしょく)された。当初の失望感は今はないと思います。

 一方で岸田政権の掲げる「新…

この記事は有料会員記事です。残り392文字有料会員になると続きをお読みいただけます。