山梨、和歌山で震度5弱 富士山や南海トラフは「関係ない」と気象庁

吉沢英将
[PR]

 山梨県大月市と和歌山県御坊市で3日午前、最大震度5弱を観測する地震が相次いだ。震源はそれぞれ活火山の富士山巨大地震が想定される南海トラフから近かったものの、気象庁はいずれも「関係がない」との認識を示した。ただ、揺れが強かった地域ではいずれも約1週間、同程度の大きさの地震に注意するよう呼びかけている。

 午前6時37分ごろ、山梨県東部・富士五湖の深さ19キロを震源とするマグニチュード(地震の規模、M)4・8の地震が発生。震源は富士山から北東に約30~40キロ離れており、会見した束田(つかだ)進也・地震津波監視課長は「火山の観測データに特段の異常はない」とした。

 約3時間後の午前9時28分ごろには、紀伊水道を震源とするM5・4の地震が起きた。震源の深さは18キロで、同庁は陸側のプレート内部で起こった地震とみている。南海トラフ地震はプレート境界を震源としており、その発生可能性が「平常時より高まっているとは考えていない」という。(吉沢英将)