• アピタル

米メルクのコロナ飲み薬、日本で承認申請

[PR]

 米製薬大手メルクの日本法人MSDは3日、新型コロナウイルスの飲み薬候補「モルヌピラビル」の日本での製造販売の承認を厚生労働省に申請したと発表した。政府は年内の実用化をめざすと表明しており、承認されれば、軽症や中等症の患者向けとして国内で初めての経口治療薬となる。

 臨床試験(治験)の対象は、軽症から中等症で、肥満や高齢など重症化するリスクが高い18歳以上の患者。発症から5日以内に投与し、軽症や中等症の患者が入院するリスクを約3割減らすことができたという。予防薬としての治験も進めている。

 MSDの担当者は「デルタ株を含む様々な変異株に活性が認められている。オミクロン株に対しても有効だと考えている」と話した。

 MSDは今回の申請で、海外で販売が認められているなどの要件を満たす医薬品について審査手続きを迅速化する「特例承認」の適用を希望している。日本政府は承認を前提に、160万人分を調達することで11月に合意している。

 モルヌピラビルはウイルスの…

この記事は有料会員記事です。残り253文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]