まさに「矛盾」、戦国最強の大砲対石垣 今村翔吾さんが描く職人対決

有料会員記事

上原佳久
[PR]

 何でも貫く大砲と、誰にも破れぬ石垣が対決したら――。戦国時代の史実をベースに、痛快な想像力で織り上げた長編『塞王(さいおう)の楯(たて)』(集英社)が刊行された。歴史小説の新鋭、今村翔吾さんらしく「人はなぜ争うのか」という問いも投げかける、構えの大きなエンターテインメントだ。

 時は戦国。近江国(現在の滋賀県一帯)には、城などの石垣を築く石工(いしく)の穴太衆(あのうしゅう)と、国友の鉄砲鍛冶(かじ)という全国トップクラスの職人集団が拠点を構えていた。

 滋賀在住の今村さんは長年、興味を持ちながらも「読者が僕に求めているのは、熱くて動きのある作品。職人の技能を描く小説は向いていないのかなと」。

 すると、天下分け目の関ケ原の前哨戦として東軍と西軍がぶつかった大津城の戦いで、二つの職人集団の技能もまた対決していたことを知る。守る石垣と、攻める大筒(大砲)。攻防技術の頂上決戦を描き出す意欲にかられ、筆を執ったという。

 主人公匡介(きょうすけ)は幼い頃、城が攻め落とされる混乱のなか家族を失い孤児に。そこを穴太衆の頭で「塞王」の異名を持つ源斎に救われ、弟子となって頭角を現す。誰も破れぬ石垣をつくり、戦乱の世を終わらせると誓う匡介。だが国友衆の若き頭、彦九郎(げんくろう)もまた己の信念をこめ、すべてを貫く大筒をつくろうとしていた。

 穴太衆は独立した職人集団で…

この記事は有料会員記事です。残り773文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら