愛知銀と中京銀 統合めざす裏に三菱UFJ 政府・日銀の後押しも 

有料会員記事

内藤尚志 西尾邦明
[PR]

 愛知県を地盤とする地方銀行愛知銀行中京銀行経営統合する方向で最終調整に入ったことがわかった。数年内の合併も視野に入れているとみられる。人口減少や超低金利という厳しい経営環境を背景に、近年は経営統合をめざす地銀が相次いでおり、国も再編を後押ししている。

 愛知銀と中京銀は3日、統合について「検討していることは事実」とのコメントをそれぞれ発表した。関係者によると、2022年にも持ち株会社をつくって両行とも傘下に入り、一つのグループになる方向で調整を進めている。

 預金規模で愛知銀は県内の地銀2番手、中京銀は3番手。統合後、資産は6兆円を超え、県内最大の名古屋銀行を上回る見込みだ。

 愛知県では堅実な経営を続け…

この記事は有料会員記事です。残り1249文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!