岩波ジュニア新書2冊、絶版し回収に 読者の指摘で著作権侵害が発覚

[PR]

 岩波書店は、いずれも岩波ジュニア新書の「森の日本史」(黒瀧秀久著、10月刊行)と「榎本武揚と明治維新――旧幕臣の描いた近代化」(同、2017年12月刊行)に著作権侵害にあたる記述があるとして、両書を絶版とし、回収すると発表した。

 読者からメールで指摘があり、著者に確認したところ、他の書籍からの複数箇所にわたる文章の無断転用が判明したという。両書を購入した人には、同社が送料を負担し、回収・返金する。くわしくは同社ウェブサイト(https://www.iwanami.co.jp/別ウインドウで開きます)で。