銀世界の絶景、日光白根山で冬山シーズン始まる

張春穎
[PR]

 【群馬】関東以北の最高峰として知られる群馬、栃木県境の日光白根山(標高2578メートル)が冬山シーズンを迎えている。きりりとした空気の中、山頂からは雪化粧した山並みが続く絶景が広がった。

 環境省自然公園指導員の杉原勇逸さん(70)が11月29日、パトロールのために群馬県片品村の菅沼登山口から約3時間半かけて山頂に登った。積雪は多い所で50センチほどあり、山中にある五色沼(2180メートル)はほぼ全体が氷結していた。

 「天候に恵まれ、絶景でした」と杉原さん。富士山北アルプスも望めたという。「冬山は特に環境が厳しいので、しっかりした装備で臨み、道迷いにも注意してください」と話す。(張春穎)