杉さまから乃木坂46まで…特殊詐欺の撲滅訴える「SOS47」結成

田内康介
[PR]

 著名人が参加する警察庁のプロジェクトチーム「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~(SOS47)」の決起集会が3日、東京都内であった。SOS47は各地の犯罪抑止イベントなどで特殊詐欺被害防止を呼びかける活動を続けている。

 SOS47には歌手の伍代夏子さん、乃木坂46やAKB48、NMB48のメンバーらが参加。集会では、参加したメンバーが活動をしながら感じた特殊詐欺撲滅への思いを語った。

 AKB48の向井地美音さんは「特殊詐欺はお金を失うだけでなく、心にも深い傷を負うと(被害者家族から)聞き、こういう気持ちになる方が1人でも減るようにもっともっと啓発活動をがんばっていかなければいけない」と話した。

 呼びかけ人で特別防犯対策監の俳優、杉良太郎さんはSOS47を立ち上げて3年がたっても被害がさほど減っていない現状に触れた。「コロナ禍で動きづらい時もあったが、積極的にやっていこうと話し合っている。できる限りの力を尽くしているが、今後もさらにがんばっていく」

 また、被害防止を訴える啓発動画も披露された。警察庁のWEBサイト(https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/sos47/movie/別ウインドウで開きます)から見られる。

 警察庁によると、今年1~10月の特殊詐欺の被害件数は1万1907件、被害額は222億1千万円にのぼる。昨年の同じ時期より被害額はわずかに減ったものの、被害件数は5・2%増えた。(田内康介)