日米防衛相が電話協議 米軍機タンク投棄で、岸氏「極めて遺憾」

松山尚幹
[PR]

 岸信夫防衛相は3日、米国のオースティン国防長官と電話協議し、米軍三沢基地青森県三沢市)所属のF16戦闘機が燃料タンク2個を同県内に投棄した問題について、「住民の安全に関わる極めて遺憾な事案だ」と伝え、安全を最大限優先するよう求めた。岸氏が同日、臨時の記者会見を開いて明らかにした。

 F16戦闘機は11月30日午後6時過ぎ、同基地をめざして飛行中にエンジントラブルが発生し、燃料タンク2個を投棄。防衛省は12月1日、安全が確認されるまでの間、同基地所属のF16の飛行中止を求めたが、米軍は2日に再開した。

 岸氏によると、安全対策の説明もなく飛行再開したことに遺憾の意を伝えた。オースティン氏からは安全を最優先と考え、米側として今回の事案の調査をしっかり行うことなどの説明があったという。

 また、日米の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)について、両氏は「出来るだけ早いタイミングで開催する」ことで一致したという。

 岸氏はこの日、在日米軍のラップ司令官とも面会。飛行再開について、ラップ氏からは「1日と2日午前に飛行を停止し、安全を確認した上で飛行を再開した」と説明があったという。(松山尚幹)