わずか2カ月、相次ぎ辞任 オーストリア新首相にネハンメル氏

有料会員記事

ベルリン=野島淳
[PR]

 オーストリアで3日、ネハンメル内相(49)が新しい首相に就くことになった。与党・国民党は、前日に党首を辞任したクルツ前首相(35)の後任にネハンメル氏を選出した。

 オーストリアでは10月、若きリーダーとして国民人気が高かったクルツ氏が汚職の疑いで検察当局から捜査を受け、首相を辞任。外交官出身で外相を務めていたシャレンベルク氏(52)が後継首相に就いたが、クルツ氏は国民党党首は続けていた。

 ところが、クルツ氏が2日、「政治への熱意が薄れた」などとして突如、党首辞任と政界引退を表明。シャレンベルク氏はその直後、「国民党党首と首相は同一人物が務めるべきだ」との理由で首相を退く意向を示した。シャレンベルク氏の首相在任期間は2カ月足らずだった。新政権では外相に出戻る予定だ。

 新首相となるネハンメル氏は…

この記事は有料会員記事です。残り146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!