睡眠薬混入の小林化工、製薬設備をサワイに譲渡 従業員の大半も

有料会員記事

野口陽、小田健司、堀川敬部
[PR]

 水虫など皮膚病用の飲み薬に睡眠導入剤を混入させて問題となった後発薬中堅の小林化工(福井県)が3日、薬の生産設備を全て同業大手のサワイグループホールディングス(HD)に譲渡すると発表した。小林化工は製薬事業を事実上停止し、成分が誤混入した飲み薬で健康被害が出た人への補償などを続ける。

 サワイグループHDは、傘下に新会社を設立。小林化工の生産工場や研究所などを来年3月までに譲り受ける。譲渡額は公表していない。小林化工の従業員約600人のうち、製造担当の最大約500人は同4月にサワイ側に移る。

 譲渡される工場では、小林化工が生産してきた薬は製造せず、サワイ傘下の沢井製薬の薬をつくる。小林化工は引き続きオリックスの子会社として存続する。

 後発薬は、大手で不祥事が相…

この記事は有料会員記事です。残り1085文字有料会員になると続きをお読みいただけます。