横浜の病院に運ばれた38歳、暴行され?死亡 打撲痕や刺し傷

[PR]

 3日午後4時25分ごろ、横浜市中区本牧町1丁目の病院の職員から「男性患者が運ばれてきた」と110番通報があった。神奈川県警によると、運ばれたのは住所職業不詳、北川典聖(のりまさ)さん(38)で、顔に打撲痕があり、別の病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。暴力団対策課が、傷害致死や殺人容疑を視野に捜査する。

 同課によると、同日午後3時半ごろ、車に乗った男が、意識不明の北川さんを運んできたため、病院職員が対応した。職員は110番通報の際、「30代くらいの男が『自分で殴って刺した』と言っている」と説明。消防には打撲のほか腕に刺し傷があると通報があった。

 同課によると、男は車で立ち去ったといい、北川さんが別の場所で暴行されたとみている。北川さんが運ばれた際、付近には複数台の車に乗った複数人の男がいたという情報もあるという。

 現場は横浜市中区にある山下公園の南東約1・5キロの道路沿い。