• アピタル

ワクチン「3回目」用の治験開始 塩野義、国産で初

新型コロナウイルス

田中奏子
[PR]

 塩野義製薬は3日、開発を進める新型コロナウイルスのワクチンについて、3回目接種(ブースター)用としても臨床試験(治験)を始めたと発表した。国内メーカーでは初めて。開発中のワクチンは近く最終治験に進み、年度内に供給することを目指している。

 ブースター接種用としての治験は、ファイザー社製の「m(メッセンジャー)RNA」のワクチンを2回接種してから6カ月以上経った人が対象。国内の20歳以上の200人に、同社が開発中のワクチンと、ファイザーのワクチンのいずれかを打ち、血液中の中和抗体の値を比較する。有効性をみるとともに、安全性を確かめる。

 塩野義は、開発中のワクチンを変異株「オミクロン株」に対応できるようにする準備も始めている。(田中奏子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]