• アピタル

愛された弟が自宅死「何のための43年か」 絶望した姉は声を上げた

[PR]

 沖縄が好きで大阪から移り住み、那覇市居酒屋を営んで9年。竹内善彦さん(当時43)は、人と争うのが嫌いなのんびりした性格で、どこにいても周囲に愛された。

写真・図版
新型コロナウイルスに感染して自宅で亡くなった竹内善彦さん(当時43)=遺族提供

 野球少年で、料理は大学を出てから学んだ。居酒屋でチャンプルーや新鮮な刺し身を出し、客から「安くてうまい」と喜ばれた。

 今年4月からは新型コロナウイルスの感染拡大で休業したが、「コロナには負けない」とメニュー表を作り直し、営業再開を待ち望んでいた。

写真・図版
亡くなった竹内善彦さんは那覇市で居酒屋を営んでいた。感染拡大で4月から休業したが、メニューを作り直して営業再開を待っていた=2021年11月22日午後11時26分、大阪府、長富由希子撮影

 大阪に住む姉の高田かおりさん(47)に電話がかかってきたのは、8月10日のことだった。

警察から一本の電話

 沖縄県警からだった。

 弟の遺体が、沖縄の自宅から…

この記事は有料会員記事です。残り1606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]