新撰組のように厳しい?「おきて」守って詐欺・事故防止 店で特典も

伊藤繭莉
[PR]

 【千葉】あなたも新選組の隊士になれる? ただし、厳しい規律を守れれば――。流山署が、流山にゆかりのある新選組の厳しい内部規律を模した「隊士カード」を配っている。交通事故や特殊詐欺の被害防止を誓う5カ条のおきてが書かれ、カードを提示すると、特典があるお店もある。

 5カ条は「交通安全の精神に背くべからず」「キャッシュカード・現金は人に手渡すべからず」など。市博物館や市役所などでカードを提示すると、新選組の旗を持ったチーバくんの反射材がもらえる。市内10カ所の店舗ではドリンクなどのサービスを受けられる。

 発案したのは、交通課員たち。昨年の市内の人身事故で、夜間にけがした歩行者のなかで、反射材を使っていた人がいなかった。反射材の普及と、市とゆかりのあるものを掛け合わせようと考えて、新選組の案が上がったという。

 流山市は、新選組の局長、近藤勇が200人余りの兵を率いて数日間滞在した場所。新政府軍に追われ、近藤は出頭。その後処刑された。

 新選組ファンの交通課員が、いわゆる「局中法度」と呼ばれる、新選組の厳しい内部規律を知っていたことから、「安全・安心局中法度」と称して、5カ条のおきてのカードを作ることにしたという。

 新選組の局中法度と言えば、「士道に背きまじきこと」などといった内部規律で、守らないと、切腹などの厳しい粛清を受けたとされる。

 山谷赳弘・交通課長は「警察が違反者を粛清しませんが、自分や周りの人たちを守るために、おきてを守って」と呼びかけている。カードは流山署で配布中。配布は来年3月まで。(伊藤繭莉)