直腸内に対戦車砲弾、男性を病院に搬送 英国、爆発物処理班も出動

佐藤達弥
[PR]

 英国で、対戦車砲の砲弾(長さ17センチ)が直腸に入ってしまった男性が病院に運び込まれ、軍の爆発物処理班が出動する騒ぎがあった。英大衆紙サン(電子版)が2日、報じた。

 同紙によると、騒動があったのは英国西部グロスターシャー州。病院に搬送された男性は医師らに対し、「個人的な軍用品のコレクションを整理していて、砲弾を床に置いた後、滑ってその上に落ちてしまった」と説明したという。

 男性の体内から砲弾を摘出した後、軍の爆発物処理班が到着。爆発の危険がないことを確認した。砲弾は後に、第2次大戦時に使われた対戦車砲のものとわかったという。(佐藤達弥)