サンタがロードスターでやって来た ひとり親世帯の子どもに笑顔を

比嘉展玖
[PR]

 サンタがロードスターでやってきた――。マツダの小型スポーツカー「ロードスター」に、1人親世帯の子どもたちを乗せてドライブを楽しむ「ロードスター広島サンタドライブ」が5日、広島市中区で開かれた。

 オーナーたちによるファン組織「ロードスタークラブオブジャパン」の主催で、今年が4回目。

 この日は約60人の親子が参加。広島県庁の駐車場には、クリスマスリースなどで派手に飾られた赤や黒のロードスターが30台集まった。サンタクロースやトナカイに扮したオーナーが、助手席に子どもたちを乗せて、約25分かけて平和大通りなどをドライブした。

 クラブ代表の水落正典さん(60)は、「コロナで大変な時代に子どもや街の人を笑顔にできてよかった」。熊野町から姉妹で参加した藤川仁奈さん(10)と咲茉(えま)さん(9)は「(街の人が)手を振ってくれてうれしかった」と声をそろえた。(比嘉展玖)