幼い息子の指がパンパンに ヘアターニケットに焦った紺野あさ美さん

有料会員記事

聞き手・山本逸生
【動画】ヘアターニケット症候群になった次男について話す紺野あさ美さん=山本逸生撮影
[PR]

 アイドルグループ「モーニング娘。」のメンバーやテレビ東京アナウンサーを経て、現在は3人の子を育てている紺野あさ美さん(34)が10月、生まれて間もない次男が「ヘアターニケット症候群」になったとブログで報告し、話題を呼んだ。

 髪や細い毛が乳幼児の手足などに絡まり、血流が悪くなる現象だが、そのリスクはあまり知られていない。紺野さんは11月、朝日新聞のオンラインでのインタビューに応じ、体験を振り返った。

 ――8月に生まれたばかりの次男がヘアターニケットになったそうですね。その時の状況は。

 10月上旬の昼前ごろ、寝室で眠っていた次男が泣き始めました。前の授乳から時間が経っていたので「おなかが減ったのかな」と思い、授乳をしたけれど泣きやまない。抱っこしてあやしたり、おむつを替えたり、げっぷをさせたり、思い当たることをとにかくやってみましたが、泣きやみませんでした。

 「おなかが痛いのかな」と体を確認していると、ふと次男の右足の中指と薬指が大きく腫れているのが見えました。「なんだこれ」。一瞬時が止まった感覚に陥りました。

聞き慣れない「ヘアターニケット」ですが、実は誰にも起こりうることです。紺野さんはインタビューで、あえてブログにつづった意味や、日常を発信し続ける思いも語ってくれました。

 腫れている指先をよく見ると…

この記事は有料会員記事です。残り2522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。