「ダンスの花組」「芝居の月組」 宝塚のレジェンド100年の思い

有料会員記事宝塚歌劇団

河合真美江
写真・図版
花組・月組100周年
[PR]

 舞台に、映画に、テレビにと大勢のスターを送り出してきた宝塚歌劇団兵庫県宝塚市)。その花組と月組が誕生して今年で100年を迎えた。

 1914年の歌劇幕開けから7年後の21年、生徒(劇団員)や公演数が増えて花組と月組の2組制になった。その後雪組、星組、さらに宙(そら)組も生まれて今の5組制になり、多くの名作を上演してきた。

 戦後、越路吹雪(こしじふぶき)らが活躍した花組。大浦みずきや安寿(あんじゅ)ミラといったダンスの名手が続き、「ダンスの花組」と称される。個性華やぐ男役は「花男」と呼ばれ、今のトップスター柚香光(ゆずかれい)が伝統を継いでいる。

Apple Podcasts や Spotify ではポッドキャストを毎日配信中。音声プレーヤー右上にある「i」の右のボタン(購読)でリンクが表示されます。

 かたや月組は宝塚の誇る傑作…

この記事は有料会員記事です。残り2256文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!