プーチン氏、3年ぶりインド訪問 日米豪印の枠組みにくさび狙い

有料会員記事

奈良部健=ニューデリー、石橋亮介
[PR]

 ロシアのプーチン大統領は6日、インドの首都ニューデリーでモディ首相と会談する。インドはロシアにとって伝統的な友好国だが、近年は日米豪印の4カ国(クアッド)による枠組みに参加するなど米国への接近が目立つことから、クアッドにくさびを打ち込む狙いがある。

 首脳会談に先立ち、両国間で初の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)が開かれた。これまでインドが2プラス2を開いたのはクアッドの米国、日本、豪州の3カ国だ。

 プーチン氏によるインド訪問は3年ぶり。首脳会談では、インドの港湾施設や海軍基地をロシア艦艇が燃料補給や補修で使えるようにする協定を結ぶ方向だ。ロシアのカラシニコフ社製の自動小銃の現地生産についても合意する。インドは中国との国境地帯の部隊に配備する予定だ。

 インドはロシアにとって最大…

この記事は有料会員記事です。残り378文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!