• アピタル

入国2週間以内の全陽性者を入院へ 厚労省、オミクロン警戒で要請

新型コロナウイルスオミクロン株

枝松佑樹
[PR]

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの検査で陽性が判明し、過去14日以内に海外渡航歴があるすべての人を入院させるよう、自治体に要請した。陽性例が変異株「オミクロン株」かどうか調べるには時間がかかるため、結果が出るまではオミクロン株の感染疑い例として扱い、感染拡大が起きないよう警戒を強める。

 自治体向けの3日付の通知で厚労省は、コロナ陽性者のうち、14日以内に海外滞在歴や渡航歴がある人のほか、デルタ株のスクリーニング検査が陰性の人についても、入院させるよう求めた。入院先では、オミクロン株の感染が確定した人と同様、個室に隔離し、陰圧管理することが望ましいとしている。

 ゲノム解析でオミクロン株でないことが確定すれば通常通り、症状に応じて療養先を決める。オミクロン株かどうかはゲノム解析によってのみ確定するが、解析には数日かかる。厚労省はこれまで、オミクロン株感染の疑い例は原則入院としてきたが、今回、「疑い」の範囲を明確にした。

 入院対象となった段階で、濃厚接触者を特定するための調査をすることも求める。濃厚接触者に対しては、宿泊施設に入るよう、自治体から求めてもらう。

 オミクロン株の感染が確定した場合、症状がある人は回復後に2度、無症状の場合は陽性確認6日後に2度、それぞれ陰性を確認すれば退院できる。(枝松佑樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]