自民・安倍派が初パーティー「岸田政権支えると約束」

自民

楢崎貴司
[PR]

 自民党の最大派閥「安倍派」(清和政策研究会)は6日夜、安倍晋三元首相が会長に就いて初めての政治資金パーティー東京都内のホテルで開いた。安倍氏は「清和政策研究会95人、一致結束してしっかりと岸田政権を支えていくことを約束したい」とあいさつした。

 パーティーには約2千人が出席。岸田文雄首相や麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長ら各派閥トップのほか、9月の総裁選で安倍氏が支援した高市早苗政調会長らも駆けつけた。

 安倍派の所属議員は現在、松野博一官房長官萩生田光一経済産業相、福田達夫総務会長らが要職に就いている。岸田政権を支える主流派閥で、安倍氏が会長としてパーティーを主宰したことについて党執行部経験者は「安倍氏の復帰ののろしだ」と述べた。

 安倍氏はあいさつで、中国を牽制(けんせい)する姿勢も改めて示した。1978年の日中平和友好条約に「両締約国は、覇権を求めるべきではない」などとしているとし「どうかこの時の精神を中国にも思い起こしてもらいたい」と語った。(楢崎貴司)