北海道にオスプレイ2機飛来、日米共同訓練中の矢臼別演習場

有料会員記事

岡田昇、大野正美
[PR]

 5日から日米共同訓練が行われている陸上自衛隊矢臼別演習場(北海道別海町など)に6日、米軍輸送機オスプレイが飛来した。北海道内での日米共同訓練にオスプレイが参加するのは2017年、20年に続き今回で3度目だが、矢臼別では初めてとなる。

 矢臼別での共同訓練は、東北・北海道で17日まで行われている日米共同の実動訓練の一環で、矢臼別での訓練は9日まで。道防衛局によると、米軍三沢基地青森県)を出発したオスプレイ「MV22」2機が6日午後1時15分ごろ、矢臼別に着陸。約15分後に三沢基地へ向けて離陸した。米側は飛来の目的を「訓練に必要な物資の輸送のため」と説明している。

 道防衛局には前日5日夜に、「6日午前に飛来予定」との連絡が入ったという。矢臼別での訓練には当初、空軍用の「CV22」2機も参加する予定だったが、4日になって米側から「運用上の理由」でCV22を使った降下訓練を中止するとの連絡があったという。

 日米共同訓練に反対する地元…

この記事は有料会員記事です。残り425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!