看板の枠組み倒れ小学生男児が下敷き 意識不明の重体 大分市

中沢絢乃、倉富竜太
[PR]

 6日午後5時ごろ、大分市森町で「看板が倒れ、男児が下敷きになっている」と、通行人から119番通報があった。

 大分県警大分東署によると、近くの小学生の男児(7)が看板の枠組みの下敷きになり、意識不明の重体で救急搬送された。

 署によれば、倒れたのは看板を設置するための枠組みで縦約3メートル、横約5メートル。

 スイミングスクールの施設内にあり、男児はこのスイミングスクールに通っていて、枠組みに登って遊んでいる間に倒れたとみられるという。(中沢絢乃、倉富竜太)