• アピタル

タイでオミクロン株を初確認 スペインから入国の米国人男性

オミクロン株新型コロナウイルス

バンコク=西村宏治
[PR]

 タイ政府は6日、11月30日にスペインから入国した米国人男性がオミクロン株に感染していたと発表した。タイでのオミクロン株の感染確認は、これが初めて。男性は6月下旬に米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを1回接種済みで、今のところ症状はないという。

 男性は28日にスペインで出発前のPCR検査を受けて陰性を確認。29日に出発し、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを経由して30日にバンコクに到着した。到着時のPCR検査で陽性が確認され、医療機関に移送されたという。

 タイは11月、ワクチン接種済みで、到着時検査で陰性を確認できた旅客の入国を隔離なしで認める制度を導入。60を超える国と地域を対象としている。

 現時点ではこの制度は維持する方針だが、すべての到着客について、オミクロン株を判別するPCR検査を実施するという。(バンコク=西村宏治

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]