最強ドラゴンズは「新庄劇場」にやられた? 2006年日本Sの記憶

有料会員記事

[PR]

竜党のつぶやき 中日ドラゴンズへの深すぎる愛

 11月28日日曜日の夜、小学校4年生の息子がポツリと言った。

 「ほんとなら、今日はオリックスが日本一になってお祝いする夜だったよねー」と。

 彼は何もオリックスファンというわけではない。親が熱烈な竜党とは知っているが、本人はセリエAやリーガ・エスパニョーラを見るのが好きなサッカー派だ。

 なぜそんな感想を漏らしたか。

毎週火曜日の朝に中日ドラゴンズにまつわる話題をお届けします。コラム「竜党のつぶやき」は毎月第1火曜日に配信します。

 日本シリーズの第1戦、七回裏に奥川恭伸からスティーブン・モヤが同点ホームランを打ったとき、跳びはねて喜ぶ父親の姿にかなり驚いたことから始まった。

 「モヤは元中日の選手で大好きだったんだ。名古屋のイオンモールでよく買い物をしていたんだよ。いいやつだろー?」

 と、歓喜の理由を説明した。

 すると試合が動き、九回裏にオリックスが逆転サヨナラ勝ち。息子も引きずられて興奮し、以後2人でオリックスを応援しながら全試合を見たというわけだ。

 すべては今年の日本シリーズが面白かったからである。

 中日の試合をテレビ観戦する…

この記事は有料会員記事です。残り4408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!