天皇制存続には、政治が火中の栗拾って決断を 瀬畑源・龍谷大准教授

有料会員記事

 安定的な皇位継承のあり方を議論する政府の有識者会議(座長=清家篤・元慶応義塾長)が6日に示した最終報告の骨子について、象徴天皇制の歴史に詳しい瀬畑源・龍谷大准教授(日本近現代政治史)に話を聞いた。

 2005年に小泉政権時代の有識者会議で議論されたときから論点はほとんど変わっていない。

 結局、政府の有識者会議が示…

この記事は有料会員記事です。残り342文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!