12棟被害の火災、放火容疑で男逮捕「コンロの火に紙を近づけた」

[PR]

 東京都江東区で6日朝、住宅やアパート計12棟が焼けた火災で、警視庁は7日、住民の無職時庭和一容疑者(57)を現住建造物等放火容疑で逮捕し、発表した。調べに容疑を認め、「火をつけたことに間違いない。自殺しようと思った」と話しているという。

 城東署によると、時庭容疑者は6日午前4時ごろ、同区大島8丁目の自宅に火を放ち、自宅や隣接する住宅、アパートなどを全半焼させた疑いがある。2棟が全焼し、計約230平方メートルが焼けた。「コンロの火に紙を近づけた」と説明しているという。時庭容疑者は火災でやけどを負い、病院で手当てを受けていた。