• アピタル

恐るべき「いいとこ取り」オミクロン 感染力は少なくともデルタ並み

有料会員記事新型コロナウイルスオミクロン株

野口憲太、瀬川茂子、阿部彰芳
写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 感染力が強いのか。ワクチンが効くのか。まだよくわからない段階で、世界中が新型コロナウイルスオミクロン株に警戒を強めている。そのわけは、過去に大流行したどの変異株よりも、圧倒的に多くの変異を持っているところにある。

 「これまでに公開された何百万もの新型コロナのゲノム(全遺伝情報)とは大きく異なり、最も近い親戚を特定するのは難しい」

 オミクロン株について、新型コロナのゲノムを分析してきたスイス・ベルン大のエマ・ホドクロフト氏は米科学誌サイエンスでこう指摘した。アルファ株やデルタ株から派生したものとは明らかに違うという。

変異の多さ圧倒的、人間に不都合な変異かはまだ不明

 新型コロナの表面には「スパイクたんぱく質」が何本も突き出ている。このスパイクがヒトの細胞の表面にくっつき、細胞内に侵入する。

 ホドクロフト氏のグループが運営するサイト「CoVariants」によると、オミクロン株のスパイクの変異は36カ所ある。アルファ株は10カ所、デルタ株は9カ所。変異の多さは圧倒的だ。しかも、ほかの変異株で感染力を高めていると指摘されてきた変異を複数、持っている。

 例えば、「N501Y」。こ…

この記事は有料会員記事です。残り1133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]