それでも、日本人は「戦争」を選んだ あの授業を受けた生徒たちは今

有料会員記事

編集委員・谷津憲郎
[PR]

 いまから14年前の12月、少しかわった「授業」が神奈川県鎌倉市で始まった。「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」。東京大学の加藤陽子教授が、私立栄光学園の中高生17人に、日本近現代史における「戦争の論理」を説いた5日間は、書籍になった。あの生徒たちはいま30歳前後となり、社会の中核を担っている。日米開戦から80年。彼らの目に、その後の日本社会はどう映っているのか。

加藤陽子さんが迫る戦争の実相、濃密な授業

 開戦時、日米の国力には大きな差があった。加藤さんは授業でこう説いた。「こうした差を、日本の当局はとくに国民に隠そうとはしなかった。むしろ、物的な国力の差を克服するのが大和魂なのだということで、差異を強調すらしていました」。天皇の懸念、軍部の思惑、英首相チャーチルのぼやき……。さまざまな材料を示し、戦争の実相にせまっていった。

 「あのときは、軽い気持ちで参加したんですが、濃密な授業でした。疲れて帰るころには夕暮れになっていましたね」。高校2年だった石塚慎平さん(30)はふり返る。当時はブラスバンド部。ただ、あれで歴史という学問へのまなざしが変わったという。

 加藤さんの授業は出版社の企画とはいえ、教科書を使ういつもの授業とは違った。日清戦争から日米開戦まで当時の手紙や日記などが紹介され、人々がなぜ戦争をやむなしと思ったのか考えさせられた。「歴史の研究とはこういうアプローチをするのか、と新鮮でした」。石塚さんはアラブの世界に興味を持ち、東京外語大へ。いまは大手ゼネコンに勤めている。

 「話に追いつくのに必死でしたね」。コンサルティング会社につとめる山下拓郎さん(30)はそう答えた。当時は高校1年生。歴史研究部に所属し、文化祭で2・26事件のジオラマをつくったことがある。でも近現代史は苦手だったという。

 「それでも、日本人は~」と書名に掲げた本は小林秀雄賞を受け、文庫本とあわせて、これまでに累計で43万部が発行されている。加藤さんから届いた本を、生徒たちは本棚に大切にしまっていた。彼らの多くが「加藤陽子」の名前をふたたび意識するようになったのは、2020年だった。

学術会議の任命拒否「開戦前も、ああだったんだろうな」

 菅義偉政権は、日本学術会議

この記事は有料会員記事です。残り1638文字有料会員になると続きをお読みいただけます。