「結果を恐れて打席に立っても…」 巨人の中田翔が語った不振の1年

松沢憲司
[PR]

 「スイング一つとっても、萎縮していた」。新天地では、わずか3本塁打7打点。シーズン中の8月に日本ハムから巨人に移った中田翔(32)は、今季の自身をそう表現した。

 中田は7日、東京都内の球団事務所で契約更改の交渉を行い、1億9千万円減の1億5千万円(金額は推定)でサイン。減額制限(1億円超は40%)を大幅に超えた。その後、オンラインで記者会見し胸中を語った。

 日本ハム時代に同僚に暴力を振るったとして出場停止処分を受け、異例の無償トレードで巨人へ。これに合わせて出場処分が解かれ、早々の試合出場に批判の声があがった。

 その環境下で伸び伸びとプレーできるはずもないだろう。

 「去年1年、結果を恐れなかった自分が、今年はなぜか結果を恐れていた。そう思っている人間が打席に立っても結果は出ない」

 移籍後は34試合に出たが、当てようとする中途半端なスイングが目立ち、打率1割5分4厘。2軍での再調整を経ても、状況は改善しなかった。

 精神的なコンディションに加え腰痛にも苦しんだ。シーズン中には、体重が開幕前より12、13キロも落ちたという。

 「自分の『素』を出せないまま終わってしまった」と悔しがった1年。この日の交渉の場で、球団からも「また一からがんばってくれ」と来季の発奮を求められた。

 既に来季に向けたウェートトレーニングは始めており、年明けには巨人の有望株で高卒2年目を迎える秋広優人らと沖縄で自主トレに取り組むという。

 起こした問題の大きさを考えれば、来季も、周囲からは厳しい目が注がれるだろう。「皆さんに心配、迷惑をかけてしまったことを、しっかり受け止めて。結果を残して、恩返ししていきたい」

 そんな反省の言葉の後、中田は100打点以上を挙げて打点王になる、という目標を掲げた。

 「いい意味で、荒々しく。悔しいときは悔しがるし、うれしい時は喜びを前面に出す。周りに萎縮せず、自分らしくやれたらと思う」(松沢憲司)