山手線や京浜東北線でワンマン運転導入へ 2025~30年めど 

小川崇
[PR]

 JR東日本は7日、山手線などの首都圏の主要路線でワンマン運転の導入を進めると発表した。2025~30年ごろの実現を目指す。対象路線は山手線や京浜東北・根岸線、南武線、横浜線、常磐線(各駅停車)など。一部の路線には自動列車運転装置(ATO)を導入するという。

 車掌の仕事を運転士が兼務する。今後、運転台にモニターやマイクをつけ、乗客の乗り降りが確認できるカメラをホームに設置するなどの工事を進める。今年に入ってから走行中の車内で刺傷事件が相次いでいるが、同社の担当者は「異常時には、運転士の代わりに(車外の)指令室が乗客と会話できるような対策は進めていく」と説明している。(小川崇)