中国、真珠湾の日に参拝は「故意に挑発」 靖国参拝に反発

北京=高田正幸
[PR]

 超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の衆参議員99人が7日に靖国神社を参拝したことについて、中国外務省の趙立堅副報道局長は同日の定例会見で、「歴史の教訓を記憶するどころか、軍国主義の亡霊をよみがえらせようとしている」と批判し、「断固とした反対」を表明した。

 趙氏は、米時間の7日に真珠湾攻撃から80年となることも言及し、「故意に挑発している」と指摘。「侵略の歴史を直視して深く反省すべきだ」と日本に要求した。(北京=高田正幸)