「夢は叶うという気持ちでいっぱい」 前沢友作さん、間もなく宇宙へ

バイコヌール=石橋亮介
[PR]

 衣料品通販サイト運営会社「ZOZO」の創業者で、8日にロシアのソユーズ宇宙船国際宇宙ステーション(ISS)に向かう実業家の前沢友作さんが7日、宇宙基地のあるカザフスタンのバイコヌールで記者会見した。前沢さんは「夢はかなうという気持ちでいっぱいです」と宇宙旅行への期待を語った。

 前沢さんらが搭乗するソユーズ宇宙船は、8日午後0時38分(日本時間同4時38分)に打ち上げられ、約6時間後にISSに接続。地球の周回軌道上に12日間滞在し、日本時間の20日に地球へ帰還する予定だ。

 会見は、新型コロナウイルスの感染を防ぐためオンライン形式で行われた。前沢さんは「(宇宙という)未知の世界に僕のような一般人も出て行けるという夢や希望を見てもらえるのではないかと」とコメント。ISSでは一般から募集した100種類の実験などに挑戦し、ユーチューブで公開するといい、「この体験を通して自分がどのように変われるかにも期待している」とも語った。

 前沢さんは、同乗する関連会社役員の分と合わせて数十億円とみられる費用を負担している。

 ソユーズ宇宙船は、米国のスペースシャトルが2011年に退役して以降、ISSへ宇宙飛行士を運ぶ唯一の手段として活躍。ロシア側は宇宙飛行士1人あたり9千万ドル(約100億円)の運賃収入を受け取ってきた。米企業「スペースX」が開発した宇宙船の実用化で需要が減り、新たな資金源として宇宙旅行ビジネスの拡大に力を入れている。(バイコヌール=石橋亮介)