豪州モリソン首相、北京五輪の外交ボイコットを表明

西村宏治
[PR]

 オーストラリアのモリソン首相は8日、来年2月に開催される予定の北京五輪に、公的な外交使節団を派遣しない方針を明らかにした。中国の人権問題などが理由だとしている。

 この日、現地メディアなどの取材に応じたモリソン首相は、中国との間には未解決の問題があると指摘。さらに新疆ウイグル自治区での人権侵害など、多くの問題についての対話を中国側が受け入れなかったとして、「豪州は五輪に公式の使節団を送らない。これは、驚くべきことではない」などと述べた。

 中国は、豪州が新型コロナウイルスへの中国の対応に批判的な立場を取ったことなどに反発。不当な安売り防止を理由に豪州産の大麦やワインに高い関税をかけて輸入を制限している。二国間関係の悪化が、五輪の外交的ボイコットの背景にあるとみられる。

 モリソン首相は、政治とスポーツは区別しているとして、選手団は派遣されるとの見方を示した。西村宏治