コロナで仕事減の3俳優「ないなら作ろう」 自ら助成金使い映画製作

有料会員記事

小原篤
[PR]

 コロナ禍の昨年、撮影や公演の中止で突如仕事のなくなった俳優3人が、「仕事がないなら自分で作ろう」と文化庁の助成金を得て主演映画を製作、来年1月から公開する。1人の男を愛した3人の女の闘いを描く「truth~姦(かしま)しき弔いの果て~」。たくましい女の喜劇だ。

写真・図版
映画を自主製作し主演する(左から)河野知美さん、福宮あやのさん、広山詞葉さん=池田良撮影

 「私たちにとって、表現するって生きること。それは止められないというか、止めたくなかった」と発起人の広山詞葉(ことは)さんは話す。昨年4月の緊急事態宣言以降、決まっていたドラマ撮影や舞台が中止や延期になった。前々から「何か一緒にやりたいね」と話していた福宮あやのさんと河野知美さんに「助成金で映画を作ろう」と持ちかけた。

 声優の仕事がメインの福宮さんも、夢だった海外ドラマのレギュラー出演が決まっていた河野さんも、コロナで仕事がなくなったり減ったりしていた。

3人が作った映画は女たちが「生きる欲」に目覚める物語。死んだ男(佐藤二朗)の葬式で3人の女が鉢合わせして……

 3人が「やろう!」と決めた…

この記事は有料会員記事です。残り654文字有料会員になると続きをお読みいただけます。