• アピタル

コロナ抗体薬ソトロビマブ「オミクロン株にも有効」 英GSK発表

新型コロナウイルスオミクロン株

ロンドン=和気真也
[PR]

 英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は7日、新型コロナウイルス感染症の治療薬「ソトロビマブ」が、変異株「オミクロン株」にも有効だと発表した。ソトロビマブは、高齢者や基礎疾患があり、重症化リスクが高い軽症や中等症の患者の治療に使える点滴薬として、日本では9月に国内での製造販売が特例承認された。

 GSKの発表によると、オミクロン株の疑似ウイルスを使った試験で、ウイルスが細胞に感染するのを妨げる中和抗体が、有効に作用していることを確認できたという。GSKの研究開発トップのハル・バロン博士は声明で、「試験データは、この中和抗体がオミクロン株を含み、懸念される変異株全てに効果があると示している」と述べた。

 治験では、ソトロビマブを使うことで、有効成分を含まない偽薬の場合と比べて、死亡や入院の割合が79%少なくなったという。(ロンドン=和気真也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]