実は「棋士のまち」 将棋愛あふれる関西のあの市は進化形

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産

 藤井聡太四冠(19)の快進撃などで将棋ブームまっただ中だ。棋士が対局する「将棋会館」がある東京都渋谷区千駄ケ谷、「関西将棋会館」がある大阪市福島区、そして2023年度に関西将棋会館が移転予定の大阪府高槻市。将棋駒の産地として名高い山形県天童市など、将棋ゆかりの場所にも注目が集まる中、関西に「棋士のまち」があるのをご存じですか。

 将棋の現役棋士は現在172人。引退棋士64人を加えても全国で236人しかいない希少な存在だ。うち6人が、人口約26万人の兵庫県加古川市出身か在住。大都市は別にして、棋士の出現率がこれほど高い地方都市は「非常にまれ」として加古川市は「棋士のまち加古川」を名乗る。JR加古川駅にはゆかりの棋士の写真入りパネルが飾られ、街路には「棋士のまち加古川」と書かれたのぼりがはためく。駅前の広場には将棋盤と駒を備えたベンチや、ゆかりの棋士が詰将棋を出題する専用スペース付きの時計台も。

 この将棋愛、尋常ではない。

    ▲    ▲    

 「昔から将棋は盛んでした」…

この記事は有料会員記事です。残り2278文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!