前沢氏がロシアのソユーズで宇宙へ出発 ISS滞在は日本の民間人初

有料会員記事

バイコヌール=石橋亮介
実業家の前沢友作氏が8日夕、カザフスタンのバイコヌールからロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に出発した。民間人を対象とした宇宙旅行ビジネスの一環で、ISS滞在を含め12日間の予定になるという。(NASA TVから)
[PR]

 衣料品通販サイト運営会社「ZOZO」の創業者で実業家の前沢友作さん(46)が8日、カザフスタンバイコヌール宇宙基地でロシアのソユーズ宇宙船に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に向け出発した。日本の民間人がISSに滞在するのは初めて。地球の周回軌道に12日間滞在し、20日、地球に帰還する。

 ソユーズには前沢さんのほか、前沢さんの関連会社役員、平野陽三さん(36)も同乗。ロシア人宇宙飛行士アレクサンドル・ミスルキンさんが船長を務め、日本時間の8日午後4時半過ぎに打ち上げられた。

 前沢さんは6月から、モスクワ郊外にある「星の町」のガガーリン宇宙飛行士訓練センターで訓練を始め、約100日間、ソユーズの操作やISSの構造、地球に帰還した際のサバイバル術などを学んだ。

出発前に「遠足を控える小学生」

 今月7日、出発を前にバイコ…

この記事は有料会員記事です。残り239文字有料会員になると続きをお読みいただけます。