施設の高齢者の預金850万円引き出した疑い 介護福祉士を逮捕

横山輝
[PR]

 勤務先の高齢者介護施設の入居者のキャッシュカードを使い、預金約850万円を引き出したとして、警視庁は、介護福祉士の松本昌伸容疑者(42)=東京都東久留米市弥生1丁目=を窃盗容疑で逮捕し、8日発表した。調べに対し、「間違いない」と話しているという。

 立川署によると、松本容疑者は東京都立川市の高齢者介護施設に勤務していた8月2日~9月8日の間、同市の商業施設にあるATMで高齢男性のキャッシュカードを使い、計23回にわたって現金計850万2千円を引き出した疑いがある。被害男性は勤務先の施設の入居者だった。

 9月に被害男性が亡くなったことで施設の関係者が気づき、署に相談した。署は、松本容疑者が被害男性からキャッシュカードを盗んだ可能性もあるとみて調べるほか、ほかの入居者が被害に遭っていないか確認する。(横山輝)