在日コリアンの父に差別的投稿 ジャーナリスト安田菜津紀さんが提訴

村上友里
[PR]

 ツイッター上の差別的な投稿で精神的苦痛を負ったとして、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんが8日、西日本在住の投稿者2人に計約400万円の賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。安田さんは「在日コリアンを一律に差別する投稿だ」と訴えている。

 訴状によると、2人は、日本での差別意識に対する問題提起として安田さんが昨年12月に公開した在日コリアンの父親(故人)の記事について、「密入国では?犯罪ですよね?」「なぜ日本人から嫌われてるかがよく分かる」「お前の父親が出自を隠した理由は推測できる」などと投稿。安田さんは「出自が卑しいと決めつけられ、地域から排除されない権利や名誉感情を侵害された」としている。

 提訴後の会見で安田さんは「ツイッター上で差別や排除の言葉が増産されていく連鎖を止めたいと思い、裁判を起こした」と語った。(村上友里)