淀工の吹奏楽指導者・丸谷明夫さん死去 あいりん地区でも演奏

有料会員記事

甲斐江里子
[PR]

 大阪府立淀川工科高校(淀工)で吹奏楽部の指導に長年携わってきた丸谷(まるたに)明夫さんが7日、76歳で死去した。府内のゆかりの人らからは悼む声が相次いだ。

 「丸谷先生はとにかく勉強熱心だった」と話すのは関西吹奏楽連盟理事の北原祥弘さん(75)。同世代で50年以上の親交があった。吹奏楽のコンサートに行くと、いつも丸谷さんと出くわした。丸谷さんは生の演奏を聴いたり、専門家に教えを請うたり。どうしたらいい音を出せるのか、どんな演奏をしたらよいのか、常に考えていたという。

 「(吹奏楽に関わる)大阪の子は淀工を見ながら育った。大阪のレベルが高いのは丸谷先生のおかげです」と北原さん。訃報(ふほう)に驚きながらも「あとはゆっくり我々の活動を見守ってほしい」。

 丸谷さんは地域の活動にも積…

この記事は有料会員記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。