• アピタル

コロナ患者9割に血小板の塊 重症化予測に期待 東大など

有料会員記事新型コロナウイルス

林義則
[PR]

 新型コロナウイルス患者の9割近くには、血栓をつくる働きがある血小板の塊が血液中に多く存在し、特に重症者ではその傾向が顕著だとの研究成果を東京大などのチームが9日、発表した。チームは、重症化予測につながる新たな血液検査法の実用化をめざしており、「血栓症による死亡率を下げる的確な治療にもつながる」と期待する。

 新型コロナの患者は、感染によって血管内部が傷つけられることで血栓ができやすくなり、肺や心臓などの血管が詰まって重症化を招くことがある。このような血栓症の兆候をとらえようと、大学院理学系研究科の合田圭介教授や医学部付属病院などのチームは、同病院に入院した患者110人の血液を週3~5回採取。特殊な分析装置を使い、血小板や白血球が一定の大きさ以上に集まった「循環血小板凝集塊」の有無を調べた。

 その結果、患者の87%から健康な人に比べて過剰な量の血小板の凝集塊が見つかった。血液中の出現頻度は、重症患者や死亡した患者ほど高く、退院時には低下していた。

 研究チームの矢冨裕・医学系…

この記事は有料会員記事です。残り185文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]