東京・神宮外苑で「光の祭典」 重要文化財の絵画館がキャンバス

西畑志朗
[PR]

 東京・明治神宮外苑を舞台に初開催される光の祭典「TOKYO LIGHTS」が8日、報道公開された。

 重要文化財の聖徳記念絵画館の外壁に映し出されるのは、1分台の短編プロジェクションマッピング映像作品を競う「アジア最大級」の国際大会「1minute Projection Mapping Competition」の作品。「希望」をテーマにカナダウクライナベトナムなど世界54カ国・地域からエントリーされた246作品のうち、事前審査で選ばれた優秀作品が上映される。

 軟式球場では、光を全身に浴びながら歩ける全長約100メートルの「光のレーザートンネル」など、レーザーやファイバーの光線を駆使した「光のエンターテインメント」が楽しめる。

 イベントは9日から12日まで。1日2回の入れ替え制で、入場には公式ホームページでの事前予約が必要。西畑志朗