• アピタル

オミクロン株、国内4例目を確認 ナイジェリアから入国の50代男性

オミクロン株新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 厚生労働省は8日、ナイジェリアから4日に成田空港に到着した50代男性が、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に感染していたと発表した。国内で見つかるのは4例目で、いずれも入国時の空港検疫で陽性が判明している。厚労省は男性と同じ便に乗っていた103人を濃厚接触者とし、自治体が宿泊施設での待機を促す。

 厚労省によると、男性はナイジェリアからカタール・ドーハを経由し、日本に入国。国立感染症研究所でゲノム解析をした結果、オミクロン株への感染がわかった。8日に医療機関に搬送されたが、無症状という。米ファイザー社製ワクチンの接種を10月1日と22日に受けていた。

 濃厚接触者103人のうち、96人が自宅で待機。入国時は全員が陰性だったという。厚労省は濃厚接触者の行き先の自治体に連絡し、本人にもアプリを通じて連絡する。(市野塊)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]