習氏、中国独自の人権観アピール 各国は「国情に合った人権発展を」

北京=林望
[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は8日、発展途上国を招いて北京で開いた「人権フォーラム」に祝電を寄せ、「中国共産党は常に人権を尊重、保障してきた」と強調した。北京冬季五輪を前に中国の人権問題に厳しい目が注がれる中、中国独自の人権観をアピールした。

 ウイグル族への統制など中国の人権問題は、米国などによる冬季五輪の「外交ボイコット」に発展している。その中で開いたフォーラムに習氏はメッセージを寄せ、「各国人民は自ら選び、国情に合った人権発展の道を歩むべきだ」と主張。人権面でも米欧の基準が絶対ではないとの姿勢を示した。

 フォーラムで演説した黄坤明・共産党中央宣伝部長は「人民の幸福な生活を守ることが最大の人権だ」とも強調した。

 2017年から中国政府が主にアジアやアフリカ諸国を招いて開いてきたフォーラムで、国営新華社によると、8日はオンラインも含め100を超える国と国際機関の官僚や学者らが参加した。(北京=林望)