• アピタル

ファイザーワクチン、3回接種でオミクロン株にも同等の効果

新型コロナウイルスオミクロン株

ワシントン=合田禄
[PR]

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対する米ファイザー社製ワクチンの感染予防効果について、同社と独ビオンテックは8日、2回接種では従来のウイルスより効果は大幅に落ちるが、3回目を接種した後は同等の効果が得られるとする実験結果を発表した。2回接種でも重症化を防ぐ効果は維持されるとしている。

 両社はワクチン接種した人の血液を使って、実験室でオミクロン株への効果を検証した。オミクロン株の働きを抑えて感染を予防する抗体の量は、2回接種の場合には従来のウイルスに比べて25分の1だった。3回接種だと、従来のウイルスと同等だったという。

 2回接種の場合でも、体内で重症化を防ぐのに機能するとみられる免疫細胞は、オミクロン株に対して十分に増加することも確認した。ブーラ最高経営責任者(CEO)は「オミクロン株による重症化を防ぐ効果は2回接種でもあるだろうが、3回目の接種によって効果が改善することは、この予備的なデータから明らかだ」とする声明を出した。

 両社はオミクロン株に対応した新たなワクチンを来年3月に提供できるとしている。新たなワクチンを提供する場合でも、年間40億回分を製造できるという。(ワシントン=合田禄)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]