サウジ記者の殺害事件、仏検察が拘束の男性釈放 同姓同名を誤認か

パリ=疋田多揚
[PR]

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ領事館で2018年に殺害された事件で、フランス検察は8日、容疑者として拘束した男性(33)が事件と無関係だったため釈放したと発表した。仏メディアによると、同姓同名の別人だったため取り違えたという。

 男性は7日、パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で、サウジに向け出国するところを拘束された。AFP通信によると、トルコが国際刑事警察機構(ICPO)を通して国際手配していた容疑者と同姓同名だったほか、身体的特徴も一致していたという。

 在フランスのサウジ大使館は男性の拘束後、「拘束された人物は事件とは関わりがない」とし、「即時釈放を期待する」との声明を出していた。男性はすでにサウジに向け出国したという。(パリ=疋田多揚)